神河C&Rとは

「トラウトリバー市川 神河C&R」はH.T.Fの呼びかけで釣り人達が自らの手でニジマスを放流して いるフライフィッシング専用の釣り場です。2011年11月に神河町野村地区のしんこう大橋 付近に初めて放流し、現在は地元の方々のご理解のもと上流の大河地区までの数ヶ所に放流しています。 ニジマスは趣旨に賛同いただいた会員の皆様からの会費、頂いた寄付等で購入しています。 入漁料を徴収する有料釣り場ではなく、誰でも釣りの出来る自然河川ですが、 私たちの放流したニジマスについては以下のレギュレーションを守って釣って下さい。

  • フライフィッシングオンリー
  • キャッチアンドリリース
  • バーブレスフックの使用
  • 釣り場のゴミの持ち帰り

仕切などの無いまったくの自然河川なので、放流した魚は条件に応じて移動し、 管理釣り場のように目の前に魚がうようよしているわけではなく、なかなか手ごわい釣り場ではあります。 放流を始めてまだ日が浅いので、魚がどこに居着き、どのような釣り方が有効なのか、 まだまだわかっていない事が多い状況です。訪れた皆さんからの情報をお待ちしています。

これまでの放流実績

平成23年11月しんこう大橋周辺
平成24年2月しんこう大橋周辺
平成24年4月しんこう大橋周辺
平成24年10月寺前橋、松ヶ瀬駐車場、しんこう大橋
平成24年11月大河地区、松ヶ瀬駐車場、しんこう大橋
平成25年2月大河地区、松ヶ瀬駐車場、しんこう大橋
平成25年4月第鍛冶地区
平成25年10月しんこう大橋、寺前地区、大川地区