フライフィッシング

兵庫トラウトファウンデーション(H.T.F)はフライフィッシングを通じて川と魚を守る活動をしています。 でも「なぜフライフィッシングなの?」とうい疑問をお持ちになる方もおられるかもしれません。 このことについてH.T.Fの考えをご説明させていただきたいと思います。

なぜフライフィッシングなのでしょうか?

そもそも「魚を守るのなら釣りなどしなければいいのでは?」 「釣りをしたら魚が減ってしまうのでは?」というご意見もあるかもしれません。 正論だと思います。でも人間は過去に長い狩猟生活をおくってきたためか、魚を釣ることに楽しみを覚え、 釣りを趣味とされる方が多いのも事実です。この楽しみそのものを否定することは出来ないと思います。 たしかに「釣りをしたい」というのは魚の側からみたら「釣り人の身勝手な欲望」かもしれません。 でもその楽しみは「魚の棲む川」が無ければ実現しません。それゆえ「釣りがしたい」という 気持ちは「川と魚を守ろう」という思いにつながり、川と魚を守る活動の モチベーションにもなるのではないでしょうか。
とは言っても魚を我先に釣り上げて持ち帰り、後には何も残らないというわがままな釣りをしていたのでは 自然破壊にしかなりません。
その点、フライフィッシングは人と自然との関わりを深く意識した釣りで、 魚の習性を学び、魚が餌としている昆虫を観察し、それに似せて作ったフライ(毛針)を使って 魚を釣り上げるというプロセスを楽しみます。食用を目的とした漁ではないので釣った魚は川に戻す 「キャッチ&リリース」というマナーが定着しています。魚にダメージを与えないように「かえし」のない バーブレスフックという釣り針を使用する方も多く居ます。 フライフィッシングは、それを楽しむために豊かな自然環境を必要としているがゆえに それを守る意識も高い釣りなのです。
こうした理由からフライフィッシングの釣り場を作り、フライフィッシングを普及させていくことが 自然を守り、ひいては地域の活性化にもつながると考えています。