ニジマスの放流

兵庫トラウトファウンデーション(H.T.F)は神河町を流れる市川にニジマスを放流し、 「神河C&R」というフライフィッシングの釣り場を作っていますが、 外国原産種のニジマスを放流するすることに疑問をお持ちなる方もおられるのではないかと思います。 このことについてのH.T.Fの考えをご説明します。

ニジマスを放流することについて

神河町を流れる市川はいわゆる「手付かずの自然」ではありません。人が農業や発電に利用してきた川であり、 一時期は上流にあった鉱山の影響も受けました。昔は鮎やアマゴが生息していたと思われますが、 漁協による管理もなく、近年はわずかにカワムツやニゴイ等が見られるだけとなり、 釣り人の姿を見かける事もほとんど無くなっていました。
ただ最近は下水処理施設の整備もあり水質が改善され、 人が手を加えれば再び渓流魚の泳ぐ川へと復活できる状態を取り戻しています。 もし市川に昔ながらの生態系が維持されているのなら、私達はそこに外来種のニジマスを放流するような事は しません。ですが、今の市川は一度ダメージを受け、かつての生態系を無くしてしまった川なのです。 「在来種のアマゴを放流する」という選択肢もありました。しかし、アマゴの放流には川鵜による被害という ネックがあります。近年、川鵜の増加による被害が各地で報告されていますが、市川も例外ではありません。 現状の市川にアマゴのようなサイズの魚を放流する事は残念ながら「川鵜に餌をやる」という結果にしかなりません。 こうした状況の中で、私達は川鵜に襲われにくい大型のニジマスを放流することで 市川を沢山の釣り人が訪れる釣り場にする事が出来ると考えたのです。 ニジマスの繁殖力と市川の環境を考えれば、私達の放流した魚が放流場所を超えて繁殖していくことはあり得ません。 あくまで限られた範囲での釣り場なのです。
もとより人が手を加え利用する事で維持されていく里山、里川は生粋の自然ではなく 文化としての側面を持っています。今では日本文化の中核となっている稲や茶も遠い昔に日本に伝播してきた 外来種です。こうした事を考えれば、限られた範囲でニジマスの住む川を作り、 フライフィッシングという自然にやさしい優れた西欧の文化をを普及させる事は 十分に意味のある事だと思っています。